自宅から空港までの荷物送付の方法

 

wdrgnです。

我家はドイツに荷物を船便で送りません。

ゆうパックや引越し業者も使いません。

荷物配送は自分たちのスーツケースだけという超お手軽な結論に至りました!

ということで後は、どうやって自宅から空港まで荷物を送付するかご紹介します。

何故引越し業者も船便も使わないの?

いや、コレはもう、お金ががあるおうちはどうぞお使い下さい笑。

みかん箱10箱でも40箱でも、やはり荷物のあるおうちの方は船便で業者に頼み梱包から税関、倉庫保管等、なんだったら現地住所地まで送ってもらうのが最高だわ。

だけど、いかんせん、我家は5人という大人数の海外移住のくせに、荷物も多いはずだろうに、自分たちが飛行機に乗る&積むスーツケースだけで行くことに決めました。

何故なら、ミニマム最高だから。

入国拒否にあわずパスできたとしても、上陸後転居も考えられます。

そのたび、子ども4人抱え荷物も一杯って・・無理!大変だもん(出た面倒屋!)

不要な物はもたなくていい。

最低限必要な物を厳選して持って行くに至った!

自宅から飛行場まで重いスーツケースどうする?

我家が今回利用するエアラインはカタール航空

一人30kgまで無料です。コレいいじゃん!!

ということは30kg×5人分=150kgまで無料!!

わああい!!これ、使うべきっしょ!しかも、個数制限も無い模様。(当日担当者次第だろ)

ということで我家は今のところスーツケース5個に厳選された物を詰込む予定です。笑

だけど、当日ただでさえ子ども4人の電車やバス移動でグダグダなりそうなのにこんな重いスーツケースは持てません。そこはしゃあない。お金をかける!

ということで!自宅から飛行場までスーツケースを運んでくれる方法を考えました!

クレジットカードについている空港手荷物無料宅配サービス

手持ちのクレジットカード会社に空港宅配サービスが付いてないかチェック下さい。

ゴールドクレジットお持ちの方は必ず付いているハズ!

私は残念ながらゴールド持って無いし!

今からゴールド申込むのもなあ。クレカ何枚も管理やだ。

面倒臭い(ていうより審査通るのか?)

ということで今もっている楽天カードクレジットを調べた。



あった!楽天プレミアムカード!なら無料で空港宅配サービスが付いていた!

しかもこれならポイントあるから年間手数料はかかるが初年度はバックでまかなえる。
だけど、私は現在楽天カード持っているからプレミアムカードへの切替になる。
そうなると15000ポイントはもらえず5000ポイントかあ。
うーん。だけど無料宅配、いいかも!
ラウンジも無料で使えるパスももらえる!これ最高じゃん!!
だけど、このビップ専用ラウンジはクレカ名義人一人でしか使えない。
我家みたいな子ども4人持ちでは4人分の別料金が発生する・・。チェ 意味ねー。
(電話で問い合わせた処、一人3000円×4人分=1万円以上かかるじゃーん!)
うーん。ま、一人旅の人ならいいね!ラウンジ最高だもん!
この無料宅配は1年に2回まで使えるらしい。
この2回というのは、スーツケース2個を同時に1回の宅配で使ったらそれでおしまい。
しかも、25kgまでのスーツケースらしい。
うーん。私のスーツケース30kgなんですけど!!
無理といわれちゃいました。。がくん。25kgに落としても結局3個は他で頼むのかあ。
楽天プレミアムに切り替える必要はないかな。
だけど25kg以下のスーツケースの人で、よく海外いく人なら間違いなく私は入っていた。便利だわ。元はとれるもの。
ということで、他を検討しよう。

ヤマトの空港宅配便サービス

これ便利です。ヤマトの空港宅配サービス

空港まで運んでくれるから身軽。

1個最大で2052円。

ということは我家のスーツケースは×5個なら1万円程度!

これで楽々ならずいぶん有難い。

だけど、残念ながら25kgを超えるスーツケースは不可でした。。チェッ

空港ゆうパック

やったあ!見つけた!30kg運んでくれるサービス!空港ゆうパック

しかもこれも多分1個2000円ほど。

これいいじゃん!

ということで、4月末日に持ち込み(週末空いている局へ)、そうすると5/3の出国当日には空港に荷物到着していると。

最高ですな。これにします!

海外航空券買った、荷物送付手配完了、車売却良し、後は、住所だけ・・笑

引き続き、家探し頑張ります!

貴方も私も素敵な空つかみますように☆

FACEBOOK
自宅から空港までの荷物送付の方法
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク