もらい子、、、、今、夢に立つ

wdrgnです。

いえーーーい!ついに、ついに、ついに!!!きちゃったよ!この日が!!

ぎゃああああああああああああああ!ジャンプ!!!!退職日を迎えました!

もう感動感動感動、感謝感謝感謝。本当、皆さんに有難う一杯の日でした。

なので、今日はタラタラ私の思いを書きます(いつもやん)。

私、今日、沢山の方に有難うを貰った。

ありがとうをもらったんす。気持ち、目と目をあわせて、心を頂いたんス。

マジ、やばかった。マジ、つながった。これがしたかった!!これ、めっちゃ最高やった。

ココに立てるように至った自分、最高!!(また自分最高説かよ)

自分最高ってことは皆が最高だから。マジで。それに尽きる。

私は、もらい子から始まった。

「お前はもらい子や」

「やから、ちゃんと家を継ぎなさい。」

もうずっと言われ続けた。多分、保育園前から言われ続けてる。

「跡を継ぐためにもらってきてあげたんやから」

この殺人的な言葉は自分の思考回路を不能にした。

不能というより自己構築以前に外的要因をただただ内に入れないことには生きれない状況だった。

自分がどうとかより周りが何を私に求めているのかそこを考えないことには生命の危険がただ前にあったというか。

大げさだけどこれが私の幼少時代の思考回路だった。

だから私は絶えず何かと戦っていた。怒りや悲しみやとにかく負の感情が私を「生きる」に繋げていた。

感謝を考えたり、感じたり、そういうのは時間が必要で、まず怒り悔しさそれをバネに、それがあったから生きれたんだと思う。多分、それさえ無かったら危ない。

そこから高校卒業後は海外に出てみたくなった。外に出てみたくなったんだ。

お金が無かったからお水して自己資金作り、高飛びした。

とにかく短大時代は自分の生活費と学費の為にお水のお金は全部消えた。

だから留学費用を作る為に短大卒業してからは専門で1年お水に入った。

留学中は本当いいご縁をずっと頂いた。

もうマジやばかった。楽しくて。素敵な友達、素敵なご縁。もう最高だった。

日本人夫とロシア妻のご夫婦にお会い出来、私はその日本人夫のお母さんを世話するというバイト?を引き受け、その代わり全部無料で家もご飯も全部フリーで1年以上泊めて頂いた。

めちゃめちゃよくしてもろた。

今回の移住の件でもケンは最初は甘い!って一喝したけど、その後ハワイの求人情報送ってくれた。こんな20年以上も前にお世話なったのにまだあたしに目かけてくれてる。嬉しい。

めちゃめちゃおばあちゃんかわいかった。奥さんもかわいくて。

めっちゃ口悪いねん。あたしがちょっとどっか行くと「こら~ ○○!どこいった!」

って、杖ついて部屋から出てくる笑。いつも階段下から怒ってた笑。「○○~!」って。

かわいくてしゃあなかった。おばあちゃん。口悪いけど、めっちゃ心伝わってくんねん。

だけど、お金が尽きる前には帰国したかった。

全額使うわけにはいかない。

ということで、英語を世界で教えれる教員免許だけ取って帰国した。

アメリカ留学を経てからはちょっとは自分に自信が持てるようになった。

だから、やっと実母、実父に会おう、と思える時が来た。

残念ながら実母は私に保険勧誘から始まりどんだけ悲劇の人生だったか怒涛の雄たけびを浴びる対面となった。

不覚にも感動の再開とかなるんかな?とちょっとでも胸高鳴った自分が恥ずかしい笑。

お金を無心してきたから私はもう1回しか会っていないんだけど。

だけど彼女から実父の居場所は聞いた。

聞き出せてよかった~。収穫!粘った甲斐があった。

で、出会ったら現在は関西に住んで今は奥さんも子どももおるらしい。

すごいあったかい人やった。

なんか安心した。よかったいい人で。自分に肯定感を得た気がした。

その当時の夢は「子ども沢山もちたい」「海外で英語を教える免許もちたい」だった。自分で自分の幸せな家庭が作りたかったんだ。

だから私は全力で自分の夢を取りにいった。

留学後は大阪で英語講師をやっていたが、自分のアパート代と両親への毎月7万の仕送り、かつ、貯金を貯めるのに必死だった。

育ての父は50代から働いていない、病気だ。育ての母は知的障害。

あたしがどうにかしなきゃ。絶えず頭にあった。

私がどうにかしなきゃ。それしかなかった。

もう毎月7万の仕送りに限界が来て地元に帰ることにした。

その後はそれでもまだ独り身だったから海外貿易営業をしていた。

その後、結婚、出産、公務員へと、地中にもぐっていった。

私があんなに憧れた「幸せな家庭」

あんなに安心安全の代名詞「公務員」にもなりたくて。

完璧だった。完璧のハズだった。

だけど、時が来た。

3年前の体調を崩し、そっからやっと、自分のこれまでの人生の振返りに立つ時が来た

私の自分開放挑戦が「離婚」

大きな決断だった。

あんなに家を継ぐことにこだわり。

殆ど刷り込みだ。

「家を継ぐ為にもらってきてあげたんだから」

ことごとく、ことあるごとに言われて育ったから。

旦那様の彼自身が跡継ぎだったのに、私の事情を優先しこちらに来てくれた彼。

養子縁組までしてうちの氏を名乗り、他市の人なのにわざわざこちらに同居で入って頂いた。

だけどもう彼を解放してあげたくなった。

自分も自分を解放したくなった。

もう、縛らなくていいって気づいた。

そう、時が来た。私は離婚を選んだ。自分で立ちたくなったんだ。

そして、今日「退職

ついに私は裸になった

もらい子から始まった私の人生が、今フルコースでめちゃめちゃ食材がたまって新メニューができた!!!!

新メニューそれは「寺子屋を作ること」

びっくり。まさかもう二度と夢なんてもつことないと思ってたのに。

まさか、また夢を見る自分がくるなんて!!

0歳から100歳までみんなに「どうぞ」って言ってあげれる仕組みを作りたいんだ。

来た人にはお金とかやなんだ。だから自分で自分の生計まかなえる腕作りたくなった。

自分で立てる自信作りたくなった。

だからまずは海外飛びたくなったんだ。

場所も、組織にも捕らわれず、ただひたすら生計を自分で立てれるやり方探したくなった。

多分私はもっと自分に自信がつけれるようになる。

私が将来日本帰ってきて必要な人に「どうぞ」ってその人からお金取らずに余裕で「どうぞ~」って出来るになりたいの!

私が一杯愛情頂いて、ここに立てれるようになったから。

育ててれくた父母、産んでくれた実父母、育ててくれた祖父母、元旦那様、公務員9年間の職場の皆、、、数珠はずっと繋がっていて、一杯あって、

自分がただ引きこもってても、

ただ非行しても、

ただ悲劇のヒロインでも、

その間ずっと見守っていてくれる人が沢山いてくれたから私はここに来た。

私も必要としている人にそういう空間作りたい。

ただ交わりたい。恩返ししたいんだ。人間であることに。

人間で、今生、ここに来れたことに、ただ感謝。

私が子ども4人と一緒にジャンプする理由は他にもあるけど、とにかく、これこれ!!あたしがやりたかったこと!

もらい子だったからこそ

自分の結婚、出産、育児、離婚を得たからこそ、

騙され裁判体験、公務員体験を経たからこそ、

もう何一つ無駄なことゼロ!で、全て頂いての新メニュー!

全てが今につながっている!!!

わああ キラキラ感半端な~い!!!(うぜ~ うぜ~よ 夢浸りすぎ~)

もうね、シンプル。

やりたいことをやる。

めっちゃラッキやん。なんて幸せなんだろう。

私は寺子屋をやるという夢を見つける為に全ての経験があったてだけだ。

うわあああ やばくね?笑

って、住所決まったのか? おーーい。一人余韻は結構ですが、家は?

ハイ、まだですが何か?

今日だけいいじゃーーん!!

こんなに幸せな気持ちに至れたのは、本当職場、お一人お一人、本当、皆様のお陰。

ありがとうございました!

FACEBOOK
もらい子、、、、今、夢に立つ
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク

コメント

  1. 浅い知恵 より:

    9年間、お疲れ様。
    おめでとう、自縛からの解放!

    気がつくと、心まで固くなっている自分に愕然とします。
    そんな私にとって、貴女は憧れです。
    どこまで飛んでいくか楽しみにしている。

  2. wdrgn より:

    わあ!ありがとうございます。本当だ。自縛だったんですね。(今更気づく笑)
    心、自分が縛っちゃうんですよね。誰も縛れなんていってないのに。
    多分、縛れるパワーがあるからです。パワーある証拠です!

    素敵な空 掴みますよ 一緒に☆