ポーランド警察パスポート不携帯旅立ち【お祝い門出】

ヒーリングおかん、理恵です。

今日はお祝い。その話の前にこのお祝いに不可欠な話から。

私は公務員退職後シングルマザーが子ども4人連れドイツ海外移住渡りました。子ども4人は現地学校へ行き私は現地で色々していた。色々って何・・ ある日、机に置手紙見つけた。

「ママ、今までありがとう Kより」

え、何。自殺決行、、、予告文、、!!!!?

マジンガー!

ちゃう。彼自殺はせん まだ。時じゃない。直感的によぎった。

が、

は?ん?????・・・・・ !!!!どっか行ったのか!!!

マジンガーーーー!!!しつこく言う

Kは数日前ママにベルリンどっか旅行きたいっていい始めたのを聞いていた。ママはうんうん、いいね~それ!って会話があった。Kはこれが初めてじゃない。以前日本で突然「ママ、俺東京行ってみたい」と告げてきた。まだ当時彼中学1年だったかな。

うちは、超田舎。電車だって乗った事なかった。けど彼は東京へ1人で行きたいと言って来た。だからママは東京高速バス3900円往復チケットを彼の誕生日プレゼントに贈った。+現金1万円と手紙を渡した。万が一東京1人旅何かあった時「これはママの了解の元やってます。どうぞ彼を応援ください」と一言ママの住所と携帯番号付けた直筆文を渡した。これが何の効き目になるかは全く?だがとかくママがやれる必死な手立てだった。

そして彼の0泊3日の東京旅の日を迎える。

夜福井駅高速バス乗り場にKを見送る兄弟3人とあたし、そして当時離婚したパパさえも駆けつけた。今生の別れなるかもしれないからパパにも伝えなきゃって思い立ちKの旅立ちを連絡。まさか福井駅駆けつけに来てくださるとは。

断腸の想いなあたしがそこにいた。彼に東京行きの理由、何を東京でするのか、どこに行くのか一切聞かなかった。ただただ彼が旅立つという彼に感動し彼がかっちょよくて。電車さえ乗った事ない彼が東京行きたいってママに言ってきてくれたこと。嬉しくてもうお祝いだった。

そして彼は3日後、無事帰宅した笑顔で。

—————————-

からの、ドイツに話し戻します。

この置手紙を見つけ、ぎゃあ!あの東京第二弾かい!とあの断腸景色が脳裏よぎった

今回はベルリン。つか、あたしお金渡してない!いや、渡したか?きっとほんの数千円程度のユーロ所持金有り。いつ行くのかどんだけ行くのか全然聞いてなかった。てか学校!!どうしおう!明日から始業式始まる!!!何で今やねえええん!!つか、今やったんかーい!

しかもKはドイツ現地学校やめ丁度現地の日本人学校に転校したばかり。ドイツの現地学校やめてちょっと現地の日本人学校に行きたいんだあとちょっと前に申し出あったばかり。日本人学校は超月謝高くて月1人10万円。ぎぇえええええってなる。けどKが行きたいならそこはママ応援したかった。Kはあたしをずっと応援してきてくれてる。ママの応援でわざわざ日本の中学校やめ一緒にドイツまでついてきてくれてる方。だからKが言うなら今度はママが応援する番。Kが日本人学校に切替えるならKの片方双子のSにお願いし日本人学校に2人揃って転校していた。

翌日から学校始業式。このKからの置手紙を見つけすぐ部屋にいたSに相談した。

S「へ マジ?」

とにかく話し合いを重ねて2人の話し合い結果はこれになりました。

とりあえず明日からの学校には「風邪」で休みと言っておこう w

ザ・談合w。

ママもSも、ただただKが、彼の本気遂行全う出来る手立てを話し合った。どうやったら彼が遂行完結し帰ってきてそれまでどうやって時間稼ぎできるか。母としては万一彼が帰ってきてくれたらすんなり通常生活がまた始められる準備もしておきたかった。

だけど遊びから帰ってきて三男、四男弟達に何と話をしよう。そこは答えが出なかった。弟達に家族共有したい大事なKの一大事、家族でお祝い事共有鉄板事項だ。だけど弟達は知ったら必ず外に話出す。出ちゃう。まだKがコンプリート出来ていない状態で外に話漏れKが達成出来ず断念に終わらせたくない。漏れるのは嫌。絶対Kコンプリートが出来なくなる!!!だけどKの本気を弟達が知らず時間経る事なんてもっと嫌ああああ!!!

あああ 答えが出ない。

とにかく、双子Sもあたしも、本気だった。Kの本気を知っているから。

Kはいつも本気。Kは帰って来ない。絶対Kが納得しない限り彼は帰らない。

じゃあ納得はいつ来るんだ?明日?1週間後?1年後?

誰もわからない。彼にさえわからない。

もし途中で話しが外出たら絶対聞かれる。

どうなってるんだねお母さん。常識事絶対聞かれる。何処に行ったのか。いつ位行ったのか。お金はいくら持ってるのか。君は君は君は一体!!!!!

ま、これが鉄板通常。組織の一員。うん。そりゃそうだ。

だけどね、Kは自分の声掴んだ。心の声を身体に繋いだ。あたしもSもKが心と身体繋がったリアルが嬉しくて すげええなオイ!って超超祝ったんだ喜んだんだ2人で。

そして、Kはその想いをちゃんとママに数日前に伝え準備水面下ちゃんとしていた。もう完璧だよおお。

Kが決行する時が来た

もう充分じゃねーか。他何いるん。肉体あって、心の声に基づいて全うして立ち上がった!

うちらはそれが超嬉しかった。

だけどKはもう帰ってこない。それを直感する2人。Sがふと言った。

S「俺ちょっと出てくるわ」

彼は外の空気を吸いにいった。広い空間私1人で呆然とし、空を見上げた。

Kを、Kの決意を家族全員で見送りたかったなあ。

Kのお祝い家族全員でKへ行ってらっしゃいしたかったなあ。

もう会えない直感的な部分や、Kの心と身体繋がった嬉しさ、だけど母として彼がどんな想いで家を立ったのか等々色々込み上げ交差し感情整理はすぐ出来なかった。

そして夜がふけた。そわそわしながら夕食をK抜きで囲み弟達がKがいない事を不信がり聞いてきた。何度も問われるが、う、うん。って言いながらまだ切り出せない母とS。

ベルリンはその日大雨、一日中雨が朝から降り続いていた。ベルリンはそもそも雨そんな降らず降ってもすぐやむ。だから皆傘持たないしフードかぶる程度。

だけどその日は珍しく朝から晩まで夜中なってもずっと降り続いていた。外の大雨を見ながらただただKがどこでどうしているんだろうとふける。

きっと弟達はもう察知していた。

夜9時頃、ガチャリ玄関の扉が開いた。

K? K? K???

Kが帰ってきたああああ⁉️

マジンガー!!!!!!!!

弟達のはしゃぐ声!

あたしは台所から動けなかった。ただただ足が出なかった。行ったら泣いちゃう。泣いたらあたしが動じた事がバレちゃう!!!!!!

弟たちがママが駆けつけられない状態を見てKをママの台所に連れてきてくれた。

帰宅したの?また出て行く?もう気すんだんか?もう聞きたい事一杯だった。

あたしは茶碗吹きながら「おかえり K」

それだけ言えた。彼はカバンを置き説明してくれた。カバン3個で旅立ったが雨凄くてずぶ濡れなって旅続行不可と判断し帰ってきた、と。

カバン1個にまとめ直し翌朝また出発すると話しシャワーに向かった。

ぎゃあああああああああ 神様ありがとう!!!!!!!

もう、もう、もう何でもよかった。また彼と再会でき目の前に彼がいる。生きている彼がいる。もう感謝感謝感謝祭り。

シャワー後彼はカバン何やら色々準備し寝たようだ。

あたしは何も聞かなかった。聞けなかった。彼の顔見れば分かる。彼が覚悟決めていること。彼は明日見送ったら2度と帰ってこない。彼が目的到達しない限りもう彼を見る事はない。

あたしは一晩かけて朝食を準備した。

翌日があたしの誕生日でもあり家族5人揃って自分の誕生日お祝いと彼の旅立ちお祝いをした。Kと朝食を囲み、ママおめでとうを子ども4人から言われ、Kよおめでとうを全員で贈り嬉しそうなKと愉しんだ。

時が来た。彼の出発時間、全員各々ハグし、Kに言った。

「楽しんでこいよ!行ってらっしゃい!」

Kは笑顔で「ママ、みんな行ってくるよ みんなも楽しんで じゃ!」と去って行った。

笑顔で見送った。

断腸の想いだった。泣かない泣かない泣かない。必死に笑顔で見送った。ただ必死だった。彼に会いたい。彼と共にまだ生きていたい。彼の成長を見たい。彼と共に喜怒哀楽続けたい、見たい触れたい。

だけど彼は決めた。彼の旅立つ時が来た。彼の時間。彼の決断。

ただただ、いってらっしゃい。

夜中書き上げたドイツ語でのママの念文をそっとカバンに忍ばせた。もし万一何かあったらこれを読んだ方どうか彼に手立て願います、と超苦手なドイツ語辞書で書いた手紙と英文、そしてユーロも挟み入れ込んだ。

彼が去り、他の兄弟達も学校見送った後、仕切り直し、冷静にKの日本人学校に電話した。

「Kは風邪で休みます 当分」

日本人学校の先生は当分といった単語に一瞬 は?ってしてたけど、とりあえずお大事に、と電話をすんなり切ってくださった。

心で先生有難うとお辞儀した。

数日後、日本人学校の先生から電話が来た。

やべっ と一瞬心が鳴った。だけど、冷静に電話を取った。

日本人学校先生「お母さん、K君は本当に風邪ですか?」

ママ「はい、風邪です」

日本人学校先生「本当ですか?」

やべ。超ファイナルアンサー聞かれてる。超超超超聞かれてる。きっと先生はもう何か情報掴んだ。が、あたしはKの本気を自分の口からは絶対に割りたくなかった。

だから、しんなり冷静に続ける。

ママ「はい、風邪ですが。何か。」

先生ははあ~とため息付き、そこから怒涛に話まくった。実は今ポーランド警察から電話入ったこと。実はポーランド警察からドイツ警察通してドイツ警察からも電話入ったこと。Kがポーランド刑務所?留置所?で拘束されたこと。直ちにママが迎えに行くこと。

ママ「先生!!!超超超ごめんなさい!!!!!ママは超嘘つきましたああああ!!大嘘です!ママが全部許可出しています!!!!!」

平謝り勿論。まさか国外出ていたとはびびった。とにかく説教途中にし、直ちにポーランド行きチケット手配!すぐさまポーランド行く為4男保育園お迎えと三男現地小学校お迎え、双子Sの全員まとめてポーランド立つ準備に入る。

つもりだった。

ら、なんとおおお!!!ここでまた置手紙を見つける。机の上。

次はなんやねええええええええええん!

Sからの手紙。

「ママ、俺はふける。後は適当に学校よろしく」

は?は?はああああああああああああああああああああああ?

なんなんだああ!!!オメーら一体なんやねええええん!!!

ふううううううううう 深呼吸。

深呼吸しよう、こういう時は深呼吸だ。

こういう時に何故頼りのお前がいないんじゃあああワレエエエエエ!!!

よし、切り替えよう。

Sにポーランド行きは不要だった、それだけだ。

そして、あたしに今Sは不要だったそれだけだ。

とにかくポーランドチケット三人分手配し、あ!その前に!学校に再度電話!

「すみません、Sですが一旦学校に向け出たのですが風邪体調悪いので本日お休みします」

本当かよおおお!!!!!!

って感じだろが先生そこはあっさり、今はポーランド警察お迎えに行く私の為に?そっとお大事に、と言って切ってくださった。

ふうう。ありがとう先生!!とまた心の叫び これ大きい声で言ったら超バレバレ ま、ダダ漏れだろうけど

Sよ!帰ってきたらぶっ●ろす!!

すぐさま保育園と小学校二人を迎えに行き3人でポーランド行き電車に飛び乗る。電車内、お兄ちゃんはどこ?ポーランドってどこ?と質問連発弟達。

「Kはつかまったみたい!!刑務所?留置所?とにかくポーランドの警察ん中におる!!だから迎えに行こうw」そのまんま伝えた。ま、旅行気分の弟達・・。

あたしはKの無念さが入ってきて泣いた電車内で。

きっと無念。絶対無念。いや、ちょっと安心しているKがいるんやろうか。さっき日本人学校先生に超電話で怒られ超超辛気臭い自分もいた。

お母さん!ドイツ国外ですよ!パスポート不携帯ですよ!外務省ですよ!強制送還ですよ!なんてことさせるんですかああ!!!

ハイ、仰るとおり。すみません。平謝り。ただただ平謝り。日本人学校の立場。教育者の立場。母親の立場。日本、ドイツ、国と国の立場もうあらゆる面の立場

正論語られたら降参です。白旗です。一ミクロもお言葉ございません。

ハイ。チーーーーン

怒涛で怒られる話、あざーーーーーーーーーーす!!!

だけど、決行致しました!!!!まさか、国外飛んでるとは想定外でしたが、それを許したのはあたしじゃぼけえええええええい!!!!自分に言ってますハイ

いや、許す以上に喜びました。宴でした。記念でした。お祝いでした!!!!!

あたしはKの本丸到達出来なかったやろう無念さが頭よぎり先生から怒涛説教何も入らなかった。Kの途中で終わったリアル消沈心折れに消化間に合わなかった。

同時にちょっと心の隅では捕まって安心する自分もいた。と、色んな事考え電車風景を見ながらポーランド警察に着いた。

さっきまであんなコテンパンに怒られたのが嘘のような展開迎える。

ポーランド警察全員両手広げて最高笑顔で我が家お出迎えくださったのだ。

うっそ。マジ。なんだこりゃ?さっき超超超超怒られて散々非常識!!!!罵られる程の惨事頂いたが。

ポーランド警察「君の息子はなんて勇敢なんだ!!!!!君の息子は自分の夢を叶えようとしアクションした。こんな日本の偉大な勇者、まさに日本の武士だ!俺はなんて最高なんだろうこんな君の息子、勇敢な彼に出会え最高にハッピーだあ!」

とハグを求められる我が家。

なんてこったい。さっきあたし超泣きましたが。もう瞬間超かっとびました。Kが出てきて超ハグ。もうみんな花丸超元気。

家族みんな記念撮影各々超ハグ!!!!in ポーランド警察署内

喜び一杯記念撮影。滞在時間ほんの5分。

うちらを撮影してええか?と超和気藹々警察官たちから質問受。日本空手を習っていてこの最高日本武士を彼の師匠に見せたいと写真依頼される我が家。どうぞ!!!!どうぞ!!撮っちゃてええええええ!!!!

Kの本気をわかってくれる人がいた。Kの本気を分かってくれた人が存在した。

もう嬉しくて嬉しくて弟達は帰りの電車内ずっとはしゃいでいた。あたしはそれが救いだった。Kは落ちていたけど弟達に気づかれまいとはしゃぐKを見ながら和気藹々と帰途に着いた。Kは刑務所?拘留所?ようわからんがとにかく部屋内で超泣きまくったと思われる。顔が超超泣きはらした顔だった。超無念さがそこにあった。そしてその彼の無念さを感じ彼を抱きしめてひろってくださったポーランド警察のみんな。

超感謝してもしきれねー!!

家に着いたら双子Sが部屋に戻っていた。

おのれええええ!!!テメーどこ遊びに行ってたんじゃあボケエエエエ!

とにかく翌朝から旅決行するという彼を週末使って3日間なだめた。まだ待て。まだ時じゃない。今回はいい経験なったはず。やりたいならもうちょっと大人なってからやれ。今やっても結局学生の間は引き止められる。結局ママがその国まで弟連れ迎えに行くの繰り返し。今は途中断念なっても行動できた事で充分だろって。3日間かけずっと説得した。

月曜日が来た。まずは日本人学校へ謝りに出向いた我が家。3人で。

君は悪くない。全く悪くない。1ミクロも悪くない。ただ本気を行動に移した。心と身体が繋がった瞬間。とてもお祝い事。だからこそ家族全員でお祝いし君を見送った。だけど同時にママは学校に嘘をついたんだ。先生に嘘をつき続けた。だから謝りに行こうと。

到着するや日本人学校の先生お叱り説教が始まる。外務省、パスポート不携帯、沢山沢山沢山、ハイ全て我が家頂きました。そして最後に放たれた一言、

「今回の事は他生徒には言わないで下さい。英雄じゃありませんから」

は?

・・・

お叱りは全部受けます我が家。学校に国に関係者全員に多大な迷惑をかけました。

で、最後の最後に、英雄じゃありません。

はい?

そこ?

それがK本人に伝えたい一言か。

国、組織、先生方の心配した想い、全部ある。全部ある。全部ある。が、その単語は一体どこからくる。それ何がいいたい。あたしが、カチンと怒りスイッチ入ろうとした瞬間だった。

立つ男がいた。

Kだ。

K「先生、有難うございます。僕、この学校辞めます。今までありがとうございました」

と席を立ち礼をし部屋を去った。

ママ「ぎゃああああああああ!アッチョンブリケツ!!!!

再びあたいの心の雄叫び。

学校やめるんかあああい!!!

ま、まじ。今日って謝罪だけできたんちゃあああああうん!!!!

結局二人共その日でやめ引越し先の新しいドイツ現地学校に転校致しました。

ちゃんちゃん♪

話長かったですが今日は何のお祝いか、やっとお話致します。

ママの門出です。ママの【出家記念日】です。美容院ってあたしあんま行かない。日常髪自分で切ってきたから 本日美容院事態超久々ですが、初美容院TOMOTOMOさんへ行ってきました!あたしの記念日なので!そしてぬわあんと!今朝ポストに入れられたCD発見!

マジンガーーーー!!!

【これからは二人で】土田未来子さん&smile chips仲間達作曲作詞

もうこれ爆音で聞きながら泣きながら運転し美容室TOMOTOMOさんへ行きました。流れてくる音源が、歌声が、歌詞が曲がたまらなくたまらなくたまらなく響いて響いて響きまくって。

そして美容室TOMOTOMOさん着いて早々なみへいが

「りえさん今日出家だね!」

え、何でわかったん!!!あたし、なみへいと全然喋ってなかった。美容室入って無言でただ寝ていたあたしに放った彼女。なんでわかったんだこの方!!!!

そしてTOMOTOMOオーナーともさんに死ぬ気でカット頂きました。

もう最高すぎてカット中泣いているともさんと寝ながら昇天泣きあたし。

人生初事過ぎて。もうずっと感極まりっぱなし。

最高な出家お支度整えて頂き帰りの車運転また爆音みきんのCDに泣きながら帰りました。

本気ってさ、心響くねん。なんて最高なんだろう。なんて幸せなんだろう。

もうさ立場どうでもいいねん。

ただ、心やねん。なまものやねん。人間の心の叫びやねん。本気で生きるてるってだけやねん。

ただ肉体あって本気クライマックスなって喜び湧き出る。

最高なCDでした。朝届けてくださったみきやん、美容室最高な出家お支度整えてくださったともやん&なみへいマジでサンきゅ。

あたしは子どもたち4人とこんな素敵な仲間に包まれ出家。地球に立つ記念です。心魂身体三位一体やっと地球パートナー記念。

ってさ、やべえよ。ここまで支えフォロくださった祖先、両親、仲間、勝山、地球全部にマジありがとう。

では、新しい幕明けいっちょいくらああああああああああああ!!!!

光燦々☆

FACEBOOK
ポーランド警察パスポート不携帯旅立ち【お祝い門出】
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク