海外準備【往復航空券編】

航空券

wdrgnです。

前回無事子どものパスポート取得を経て今回はついに往復航空券の買い方です!国選定も決まったし後はチケットさえ買えば乗るだけだぜベイビー!だがここでも200万かけるのか予算の50万円内(家族5人総額です!)に収めるのかは腕の見せ所です。踏ん張って参りましょう☆

片道券?往復券?Open or Fix?

めちゃめちゃ悩みました。本当は我家の場合片道券で事足りるんです。何故なら当分帰ってこないから。だけどもし家族に何かあったら即帰れるようにオープンで買っておきたい。オープンで買っておけば帰りの日を変更出来るので何かのときに空席を取りお金は渡航前に往復で既に支払っているので追徴金無し!やはりオープンじゃんとなります。

ですが調べていくとオープンでも復路日の変更には変更手数料を取る会社無料の会社がありました。しかも何度変更しても無料の会社もあれば、1回ごとに1人○万円と課す会社、本当色々でした。

しかもオープンは高かった。うーん。ほな片道にしちゃおう!と、片道券では入国拒否されるかまずドイツ大使館に電話しました。どんだけ入国拒否にビビる母親笑。。大使館曰く、片道券でも問題ありませんと回答有。本当かよ!!まだ疑る母親笑。

ですが調べていくと片道券の方が何故か往復券より高い!往復券が50万円で片道券200万と設定している会社もありました。というか、片道の方を高く設定している会社もあれば往復の方を高く設定している会社もうバラバラでした。とにかくこの時点ではまだ往復なのか片道なのかオープンなのか決めなくてよいです。種類があるんだな位で。

どこから買うか。

ABロードHISetourスカイスキャナーこの辺りでまず金額の目安をみてみましょう。私はここのサイトを使い回しだいたいの目安をみました。往復で入れたり片道で入れたりしながら最安値の月がいつなのか探っていきました。最安値は国により変わります。

割とよい物件がでてきたらその旅行代理店にまず電話してみます。「ヨーロッパに行きたいんですがいくらですか?」と。その際調べた時の右上に出てくるコードNoを伝えると分かりやすいかもしれません。私はそのコードNoを言ったら即効空席状況を教えてくれました。が、復路を変更したらどうなるか等は航空会社に問い合わせてみないとわからないと言われ、実際予約してから再度電話下さいといわれてしまいました。支払いは後でいいので予約してからなら航空会社に聞いてあげると。面倒な!

ABロードは65万円と言ってくださいました。が面倒なので中断。ごめんなさい。で、次はHISで有料物件を探しました。がまた面倒になるのか?とよぎり、ここは近くのHIS支店に電話しました笑。とにかくコードは分からないがヨーロッパ行き往復で金額調べてと。返事は往復120万でした!なぬ!ありえない・・。もう、面倒臭さと金額の高さに脱力笑。

旅行会社を通すということは何かあった時はお客と航空会社の中に入って対応してくれる強い見方です。ですが私にはいちいち「航空会社に確認します」の一言が面倒にしか思えなかったので直接航空会社を見に行きました笑。

そこで上記検索で出てきた航空会社の名前が最大に有効になります。どこの会社がヨーロッパにどこから飛んでいるのかを見ます。ヨーロッパ系の主要な航空会社ならルフトハンザ航空KLMオランダ、 エティハド航空、スカンジナビア航空等が大阪から出ているのか名古屋からも出ているのか、東京一本なのかを見ます。そして直接HPに飛んでいってみましょう。

航空会社から直接買い!

直接上記航空会社を一つ一つみて行くと各航空会社の癖みたいなものが分かります。日本語の現地フリーコールを持っているのか、オープンでも1年オープンなのか短期間オープンなだけか、変更無料か変更ごとにお金を取るのか等々挙げたらキリ無しです。

私は、結局カタール航空に決めました!オイ!上記のヨーロッパ系航空会社じゃないのかよ!

上記で見ていくと「いや~実に幅広かった」が感想です。200万から始まり最後はルフトハンザ航空会社が60万円「1年オープン・復路変更何度でも無料・キャンセルしても追徴金無し」しかも、名古屋→ドイツフランクフルト→ベルリンで14時間!!最高でした。昔は復路を捨てると高額請求するという話もありましたが、今やそんなことはないです、とまで言ってくれました。日本語フリーコールの有難さです!最高の対応でした。

ですが私の予算は50万円でして・・まだ言う笑。この時点で60万円を出せる家庭であればどうぞ。ルフト最高でした!乗っていないけど我家の条件にはピッタリ!

だけど最後の予算額でどうにも最終判決が下りずに。。小さい子がいるので本当は14時間の最短で行きたかったのですがやはりココはお金を取るケチ母です笑。

で、カタール航空にしました!

39万円!!25時間・4ヶ月オープン、変更料1人1万円、キャンセル一人1万円、ノーショー一人2万円、現地フリーコール無し有料の英語、乗り継ぎ2回笑。

全く散々上記で言ってきた項目を覆る決めっぷり笑。何を優先するかですね。

我家はお金を最大優先に決めました。1年オープンは捨てました帰りはアテにしないという決断です。実際何かあって帰る時は現地→日本→現地の往復券を買いドイツに入る際は片道だけど既にビザは持っているので大丈夫だろうしと見込みました。というより今帰りのことは考えられないが実際です笑。変更料等有料ですがキャンセルして合計5万円上乗せされても本来の正当な片道券と合算し額が上回っても追徴は無いという確認を得ました!!カタール最高!なのでもう帰りはキャンセルの電話一本ですみそうです!わかんないけどさ。

ということで、無事ドイツベルリン行き往復海外航空券ゲットです!

では、私も皆様も空みつかりますように☆

FACEBOOK
海外準備【往復航空券編】
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク