ドイツ生活:自分の本丸~死後の世界体験~

ヒーリングおかんです。

今、「自分が死んだ夢」みて、飛び起きた私。

泡吹いちゃった。チョイ衝撃半端なかったので書いておきます。

気分悪くなりそな方、グロそうな文章入るんでどうぞスルーください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月19日、私は死んだ、みたい。

カレンダーを確認する私。

自宅だった。日本だった。地元の家の中だった。

昨晩、双子の片方を超怒って寝たらもう自分は幽霊になっていた。

なんで自分が幽霊って分かったかって、湯のみ茶碗取れなかったの。

スルって指すりぬけた。

「あー君、そういうことだよ」

って気楽に語りかけるお茶してる2人のおじさんがいた。

なんとも、まったりな通常なおじさん達がそこにいた。

「君だれ?」っていう感覚だった。あたしからしたら

「ああ、新入り?きたねー へ~」って笑ってもう一人テーブルに座る男がいた。

だから、誰やねんって心の中で思うあたし。

どういうこと?あたしは全く意味不明でこのおじさん達の会話が入ってこない。

でも、周りはうちらの存在に全然気づいてなくて超バタバタ。

どうも葬式準備始めてる。

え、誰の?葬式??まさか、、、なあ と、ちょっとたじろぐあたし。

その姿を見て、おじさんが

「君、死んだんだよ」とにこっと笑いながら茶飲みながら言う。

「ぎょ!」

で、あたしはそこでやっとカレンダーで日にちを確認するんだ。

10月って・・

なんであたし日本にいるの?あたし、日本には冬しか帰らないって決めてたはずなのに。

何故10月に日本帰ってんだ!まさか日本で何か起きたの?

てか、子ども達はどこ?

どこどこどこ!!あたしの子ども4人!!!!

って、子供の部屋にいったらみんながいた。

で、パニックってすんごい憔悴しきってる子ども達4人の姿。

唖然となる。

双子のSは、現実逃避したくて、勉強机に向かっって勉強始めた。

三男は超泣いて怒ってる。

四男はひたすら泣いてる。

唯一あたしが話かけて会話できたのが双子の片方Kだった。

冷静だった彼。

ママが話しかける

ママ「ねえ、ママ見えるの?」

K「見えるよ」

ママ「へええ すんげえ!」

ママは、携帯を取ろうとした。

が、スクっとサクっとスルーした。

携帯が取れない。

まじか!

死ぬってこういうことか!

ここで自覚する。「あたし死んだんだ」

Kが変わりにママの携帯から友人に連絡取り始めようとしていた。

その間、自分の死んだ遺体を見にいった。

自宅で寝てその寝ている間に、お腹壊して急性でそのまま逝ったみたいあたし。

もう、子供たち4人以外バタバタバタバタ色んな大人が自宅に入り乱れ、子供たちの心のざわつきだけが霧消に露呈していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あたしは、泡吹いて起きた。

初めてだった。自分の死ぬ夢。

すんごくリアルだった。

てか、死後の世界いったんだあたし。

死後の世界は超普通だった。ちょっと今は割愛するがすんごい平和だった。

沢山のヒトがいて、皆楽しんでた。

かくいうあたしも死んだおばあちゃんに会えるー!!!って超ルンルンしてる自分がいた。

そう。

死んだあたしも自分が楽しいあたしだったんだ。

で、思ったんだ「あ、あたしって死んでも生きてても両方楽しいんだなあって」

コレは嬉しい。だけど、

痛恨にもう一つ強烈な痛い感情があった。

超、チキショーな壮絶に悔しかった

子供を抱きしめてあげれなかったんだ。

泣いてるんだ。目の前で。4男が、3男が。

なのに、抱きしめてあげれなかったんだ。

大好きだよって言ってハグができなかったんだ。すり抜けちゃうのママの体が。手が指が。

届かないの。温もりが。

超むしょうに腹立たしくて、悔しくて。すんげえええ感情になった。

で、双子のSの現実逃避の勉強に向かう姿が痛々しくて。

で、双子の片方のKがママと会話できる位の冷静さが健気過ぎて。

もう、泡吹いて泣いて目が覚めた。

人生初体験だった。死後の世界。

あたし、思った。

愛情表現切り替えようって

双子にはもうずっとハグしていなかった。

そういう育て方してきてない。

下2人には凄くハグするけど。全然照れてしていないんだあたし上2人には。

明日おきてきたら子ども4人に伝えたくなった。

毎日、ハグして、毎日大好きを伝えたい。

肉体がある今日。

タイプして文字が打てる指。

携帯が使える手。パソコンが使える手。

相手に気持ちが伝えれる声。

文字で表現できるってなんて凄いの。

肉体があるってなんて凄いの。

あたしがしたかったことってコレだったんだ。

自分の愛を伝えることだったんだ。

やっと、自分の本丸が見えた気がした。

あたしは愛情表現がずっと下手だった。今も超現在下手です!!!!必死ですw

自分の想いを伝えるのが超絶に下手なの。

昔から。

親しくなればなる程、自分の気持ちを言わなくなる。

表面上、誰とでも親しくなれる自分に酔いたくて表面上は全然ヘラヘラ笑えるの。

多分、そこがあたしを突き動かせれる限界だった。

誰とでも仲良くなって誰とでも打ち解けれる自分てのが一番の自信即席で作れるギリギリラインだったんだ。

だけど、家族や、親しい友人になればなるほど、あたしは本音言わなくなる。

言えなくなる。

不思議なんだけど。

言えないの。

ただただ貝になる。

それまで滑らかに超ルンルンだった自分は消えて途端に、もっこになる。

「壁を作る。入ってこないで。くんな。誰もあたしを理解できない」

って、いきなりガラガラを重い鉄壁を作りたくなっちゃうの。

それまでの明るい前向きなあたしは何処へ?って位、閉ざす。

完全。

多分、その壁を打ち抜いて来てくれるのを待つ身に途端に変身しちゃう。

そう。超屈折野郎誕生。

ただ、そういう屈折してる自分だから、自分突っ切ってる強さ持ってる愛情表現確立できてる人が本当に無償に憧れた。

それ、あたしがほしかったもの。

あたしが出来なかったもの。

だけど、やっと今、新しいドアが開いた。

あたしは愛を伝える為に今日、今、ここに生かされてるんだなって。

本丸見た気がした。

これこれこれなんだ。あたしがずっとほしかったもの。

やっと、見えた。

やっと、ここにきた。

あたしは、今から愛情表現する。いっぱい!

屈折なんてしてられないわ。肉体無くなる前に伝えたいこと山盛りなんだもん!!!!

あたしはようやく立ったみたい。

って、毎日がこんなに想像していない自分に出会えるって本当、人生って超奇跡だったんだな

今更だけど想うw。

あたしは、今からひたすら、たたずんで伝えるわ☆

超大好き自分!!!!うふふ

そして、皆大好きだよ!!って、誰にいってんだよw これ読んでくれてる貴方だよ ぎゃはは

じゃ、今日も肉体ある貴方、全力で愛をどうぞ☆☆

レイキ&マッサージ施術数 50人突破/ 2222人

FACEBOOK
ドイツ生活:自分の本丸~死後の世界体験~
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク