ドイツ入国ご報告!

wdrgnです。

やったあ!ついにドイツ入国報告が出来ます!!

家がありました笑。

家族5人無事です!笑

ご心配かけて皆様連絡遅くなってごめんなさい!

子ども4人と生きるのに必死でネット環境探しが全く至らず戦っていました笑。

今もまだ家にネットがきておらずネットスポットみつけながらのアップで乱文が輪をかけて乱文です、ご容赦ください。

以下、出国模様からの描写をまずさせてください。

批判中傷等頂く内容を伴うかもしれませんがこれが我が家の実録であり、今後の為に詳細を記録として書いて参ります。

ご気分悪くしてしまう描写がありましたらスルー下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出国前エピソード 長男学校登校拒否

中学2年の長男は出国2週間前にインフル発症してしまった。

休暇後は残りの1週間学校へ通う予定だった。

が、長男曰く「俺、学校はもう行かないから」といい始めた・・。

最後位ケジメつけを望む母ともう俺はベルリンねん、とベルリンに焦点を合わせ始めた長男。

対決している場合じゃないんだけど残り1週間の学校生活行っといたほうがいいやんと彼の気持ち無視で大きなお世話母の思いが騒ぎ出す。

学校からも心配で毎日電話が続く。

私は毎回直接電話を彼に渡す(またビビリ全開っす・・先生ごめんなさい!)

そしたら先生がついに家に来た!

長男と話をつけてくださった。

最後の出国前日あたりに一回でいいから顔を出すと約束さして帰ってくだされた。

先生ありがとう!

だけど、そっからまた長男と口論。

母:「お前最後だけ学校ってどないやねん!!明日から行くいうたやん!」

お兄:「うるせー」

この永遠ループ口論はまさかの翌日終止符を打つことになる。

登校したという円満理由からではなく彼は学校行くと偽装し突然姿を消した笑。

あまりに口うるさく学校行けという母に対し一手を打った彼。

いつもなら学校へ行く自転車姿を見送って4男の保育園送迎に行くがその日は喧嘩になるのが嫌で先に保育園送迎に家を出た。(逃げた弱い母笑・・)

家帰宅後、おばあから長男は中学校行ったよと聞き勝手に安堵し昨日来た担任に今日は学校行った報告と昨日のお礼をメールしていた。

ら、、、、。「お兄ちゃん、学校きてませんよ?」と、電話が鳴った。

ぎゃあああ!!!!まじまじまじ!どこ行ってん!

一瞬、自殺がよぎる。私は彼の四方八方を囲んでしまったのか!

色んなイメージが頭をよぎりながら半日中運転し市内をグルグル彼を探し回った。

あーあんなに口うるさく学校行けっていうんじゃなかった。

あー生きていて!

グルグル頭をよぎる。

昼過ぎ先生から電話が入る。

「お母さん!図書館にいましたよ!」

ぎゃああ!!市内図書館!! 先生が彼を見つけてくだされた。さすが先生!って私じゃない笑

即迎えに行き先生にお礼を言い長男と久々冷静に話し合った。

いつもは口調激しく喧嘩なっちゃってこんな冷静になかなかなれない。

だけどもう生きていてくれただけで感謝な気分が上回った笑。

「俺は先生と約束したとおり出国前1日だけ学校に行く。ママは俺がケツふかんのが嫌で怒っているんやろ。俺はきちんとケツふいてくる。だからちゃんと俺をベルリン連れてけや」

が、彼の主張。この意見はずっと変わっていない。

ママは学校毎日行かない限りベルリンなんてつれていかない!ってずっと怒っていたけど彼の話を飲むことにした。

本当は残り今週も来週もずっと出国ぎりぎりまで学校行ってほしかったけど本人がそう決めているならしょうがない。決めた決断がアッパレだな~と思えてきたんだ。

ということで、もう少し図書館にいたいという彼を後し私は帰宅。

三男のインフル発症

安堵したのも束の間、今度は小学校5年三男がインフルエンザB型になった。。ありえない!

長男はAだったのになんでBやねん!てことは、長男がまたBなるかもやーん!

小学校では三男の見送る会を予定してくださっていたがもう最後までインフル期間の為彼はこのままフェイドアウト、面白い笑。

本人は行きたかったようだが彼の代わりにママが彼の小物全部頂きに小学校へ行ってきた。

おかげでじっくり小学校校長先生と担任の先生とお話することができた!ありがとう三男!!

校長先生めちゃめちゃいい先生やった。心伝わってきて染みた。

校長先生自らの海外家族滞在3年間の暮らしの大変さと凸凹の心身の変調、そこから得る貴重な体験等、大変有難いお話を頂けた。最高な時間だった。

出国前日、次男のインフル発症

とうとう迎えた出国前日。

長男も三男もすっかりよくなり、後は残す1日を無事過ごせば飛べる!

中学2年双子の次男と4男の2人のみ学校&保育園に行った。

ら、昼中学校より電話が入る。嫌な予感・・

あんなに苦手な学校からの電話。ビビリながら電話に出る。

「お母さん!発熱しました!インフルかもしれません。病院へお願いします」

がーん。まじか。

次男を迎え即病院へ駆け込む。

はい!インフルBです!

がーーーん!!!!明日から出国なんですけど!!!!

もう。頭がテンぱる。落ち着けと念じるが無理。

どうする?

日変える?

変更料確か有料だったよね?

いや、インフルだったら無料か?

てか、明日の高速バスも色んな変更どうだったっけ?

てか、どうしよう!!!!

とにかく次男を布団に連れていき、しばらく考える。

チケット航空会社にまず電話。変更の場合13万円かかると言われ保留にし電話を切る。

変更するなら今日の17時までに電話しないと明日のチケットの変更orキャンセルも間に合わない。

しかも17時以降はしばらくお休みに入るらしくこの電話もつながらなくなるとのこと。

がーん!!何が何かわかんないけどどうしよう!!焦る。

とにかく、考えた。

まず、そんな状態で出国できるのか?

出国できたとして経由地でパスできるか?(超安いチケットなので直通ではござんせん)

経由地パスできてもその後ドイツ入国時トラブルって入国拒否られる?

入国拒否られたら熱下がるまでホテルか?

足止めくらっても強制送還よりはまだましか?

最悪これが理由で強制送還か!

とりあえず空港着ではじかれたら子ども一人置いてうちらだけ4人だけでドイツいっちゃう?

いけないいけない。子ども一人で家帰れない。

いや、次男なら出来る。この前東京に一人で行って帰ってきたもの。

つうか、この体で高速バスのって電車乗り継ぎ空港なんて体負担ありすぎ!

ていうか今回13万払って変更したはいいが誰かがまたインフルなったらまた変更?

もう、ありとあらゆるルートを考える。

もう疲れて分からなくなり、当人に聞いてみる笑。

母親「な、明日全員でドイツ行きたい?それか、お前だけあとで一人でドイツはいる?

次男「どっちでもいよ」

そか~。どっちもありか!

うーん。とにかく、パパに電話することにした。

「パパごめん。明日、空港まで車で送ってくれない?」

パパは当日駅まで見送りで仕事を1日休みとっておいてくれていた。

明日5人で激突の場合予約した高速バスはキャンセルし、パパが空港まで車送迎ならまだドアtoドア体負担少ない。

パパは奇跡的にもいいよって言ってくれた!

よかった!!!わああああ!!!めちゃめちゃラッキ!

明日からGWだし車苦手なパパが快諾してくれるなんて本当めちゃめちゃうれしかった。

とにかく、となれば、高速バスキャンセルだ!

電話したら今から夕方19時までに駅窓口にいけばキャンセル出来ると言われた。

時計を見たら18時30分、、。後30分やん!!

ここから余裕で1時間かかるんだけど!!!

もう!!!!エーい!!とにかくトライ!

とにかく車をぶっ飛ばした。

携帯を既に解約していて窓口に遅れることを伝え忘れたのが悔しい。とにかく勝負!

発熱児と他子ども3人はとりあえず自宅待機を言い残し駅へ車飛ばした。

なんとか見事19時05分到着!ちょとオーバしたけど窓口の方キャンセルしてくれた。

ありがとう!高速バスセンターさん!

その足で出国当日の明日まで代車を借りることになっていたが急遽代車を返しにいった。

その車屋さんも19時で営業終了だったのに担当者がまだ残っていてくれて笑顔で対応してくださった!!なんて素敵。ありがとう!

本当、携帯があったら即連絡取りあえるのに無いばかりに不便ねんなあと実感。

だけど連絡なくとも心ある方ばかりのご縁でなんとかスレスレ事が流れている。

本当ありがたい。

車屋についたらパパが待っていてくれた。

久々助手席に乗り込み会話。久々の会話も、助手席も、二人だけの時間も、私はこの怒涛の数日でパパの顔みた瞬間、安堵して一気に気が緩んだ。

ありがとうパパ。

パパに家に送ってもらいパパは即効息子4人の髪の毛を切ってくれた。

明日から出国するわが子の髪切り笑。

我が家はパパがずっと子どもたちの髪の毛を切ってきているから子どもたちは大喜び。

パパだ~!ママと一緒に帰宅したパパの顔を見て子どもたちは一気にテンションマックス。

パパは明日の空港送迎に備え一旦車1時間かけてアパートに帰っていった。

そっから私は明日の便の変更かキャンセルかまだ格闘していた。

羽田、成田、名古屋、空港会社に電話してもやはりお姉さん言っていた通り電話がつながらない。明日からGWなのに!!!

ということで本社ドーハに電話するが、ここもつながらない。

明日激突5人は最後の手段。

とりあえず変更orキャンセル、インフルの場合どんな対応か電話を続けるしかない。

が、当日朝まで続けたが本社ドーハさえつながらなかった。。

一回成田か羽田の航空会社がつながったがここは空港なので詳細は予約センタか本社ドーハに直接電話して聞いてほしいといわれる。。

だから電話してもつながらないんだって!と言うも本社へ電話し続けてほしいといわれる。。

朝まで電話を続けた。。

ついに当日朝 突撃or変更orキャンセル?!

結局航空会社に一度もつながらず朝を迎えてしまった。。

つながらない・・・

ここは、もう、5人で激突だ!!

飛行機ダメって言われたらその場でそのとき考える

飛行機飛べたとして羽田からの国際線でダメって言われたらその時帰る

羽田から出国出来たとして、経由地で足止めくらったらそのとき経由地で考える

経由地パスしてドイツ入国時拒否られ強制送還なったらその時ドイツで考える

もう、今、行動する。これだった。

覚悟を決め5人+パパで家を出た。

おじおばあと感動的な見送りより子どもの発熱状態が気がかりでそこばかり集中していた。

思いのほか夕方早々空港に着いた。

本当はパパには離陸ぎりぎりまで万が一の時までいてもらいたかったけど即バイバイした。

そおいえば家から空港にスーツケース7個を楽天空港パックで個1960円(30kgまでOK)を利用し日本郵便経由でお願いしていた。

が、前日1個スーツケースが行方不明になっていることが判明した。

それだけでもテンパっていたが数時間後にはめでたく見つかった。

結局当日チェックインカウンターで預けたスーツケースは9個。当日になり急遽2個増えた。

荷物が全部預入OKかどうか通常の私なら超びびっているがインフル問題のおかげで荷物にビビルことなくあっさり預入れ瞬殺OKだった!

本当は規定上個数制限があるが5人×30kgの合計150kg中146kgだから大丈夫と通算カウントしてくれるお姉さんだった。素敵過ぎる~(電話案内では通算ではないと説明受けていたから)

荷物預入後、手荷物チェック&身体チェック

子どもたちはウキウキでパス。母の心は彼らは知らない笑

が、いつの間にかすり抜けて搭乗口に来ていた。

あれ?搭乗口ってことは後は乗るだけだよね?

ん?突破しちゃったのか?!

訳分からずあっさり離陸し羽田国内線に着いていた笑

ということはここから羽田国際線に乗り換えここから勝負だな!よしっと気合を入れる。

が、またしても手荷物チェックと身体チェックを終了し搭乗口にきちゃった。

ん?搭乗口にいるってことはこれはまさか出国できちゃったパターン?!

いつの間にかドーハに向け離陸した。

よし、次は経由地だ。次こそ勝負!

と、ドーハに下りてからドキドキしながら飛行機を出る。

足止めか強制送還か。無事パスして!!

と、乗り気で望んだが経由地でもいつの間にか搭乗口に5人でいた笑。

あれ?このパターンだとドイツいけちゃうんじゃ?あれサーモは?(まだ気にする笑)

ドイツ入国!!

見事!!!ドイツに5人で降り立った!

今度こそサーモ出てくる!!!?入国拒否くるのか!!あの尋問部屋!

と、思っていたら

パスポートコントロールが1分で終了笑。

あれ?質問は?旅行?仕事?滞在地は?ビザは?

用意していた質問1個も無しでいきなり判子バンバンバン5人分押されウインク付きで「楽しんでね~ドイツ」といわれスルー。

きゃあああ!!

通り抜けちゃった!!!

まじか~!!!完璧じゃーん!!!

外に出たので今のうちに換金換金、と♪

本当はクレジットで現金出すほうがいいんだけどATM無いと嫌だから(あの中国マネー持たずに中国武当山に降り立った時で懲りてます笑)

やっぱり!10万円換金して800ユーロにもならなかった!!泣

しょうがない。よしとしよう我が家の安全の為(今更)

次の目標は、空港からタクシ拾ってから家があるかどうか!笑。よし。がんばろう。

家に入る

本当はここから電車バス乗り継いで家にいけば安くすむがこの体力疲労とスーツケース9個はもう無理。

タクシーを捕まえる。

2台バラバラでいくのは避けたいなあと思っていたら大型車が目の前にあった!

見事1台で30分走って5000円程で現地に着いた。

家があった!!!!

グーグルマップでみたまんまの白い豪邸!5階!ぎゃあああ!!

一気に子どもたちはテンションマックス!!!(インフル児はフラフラながら頑張っていた)

ま、子どもたちはまさかここが青空の空き地なんて想定していないだろうけど。

本当に家があってうれしかった。

その日は、ついて早々家全部掃除して持ってきた5個の寝袋で眠りについた。

とりあえず長くなったので一旦切ります。

皆様のおかげで無事家族5人でドイツの大地を踏んでいます。

ありがとうございます!

素敵な1日を!☆

FACEBOOK
ドイツ入国ご報告!
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク