ドイツ生活:長男14才の挑戦&母の葛藤

ヒーリングおかん、理恵です。

一昨日の双子の次男Kのポーランド行き3週間夏キャンプに続き、今朝は双子の長男S(14才)のキャンプを見送ってきたのでそのご報告と私自身の心の葛藤を吐きます。超長いです。

長男Sも事前準備として親子ミーテイングや病院や歯医者に行き病院の先生からキャンプOKのサインを貰っておく等一通り通過儀礼はありました。

が、彼の場合、双子の片方Kと違って本当緊張しいです。

長男Sは私と一番縁が濃いというか、性格が全く私と似過ぎていて本当に衝突しかしない。

いつも一番喧嘩が激しくなる相手であり、一番あたしの心を焼く。

その彼のキャンプなのでこっちが本当に今回も例の如くヤキモキした。

何とか手は出さない。手を出すな!あたしよ収まれ!!!と何度唱えたことか。

かたや、他三人(14才双子片方K,三男11歳、四男5歳)には全くヤキモキなんて皆無。それは彼らはそつなくこなすからなのか、こなすように育てたからなのか、そういう性格だからなのか未だ謎。

長男Sは次男K共々双子で帝王切開で生まれてきた。生後3ヶ月から全身肌ジュクジュクで全身アトピで色んな病院を県下連れ回した当時。で、どの病院もステロイドを処方され無知で不勉強な私は3歳に至るまで双子両方共ステロイド漬けにした。

が、三歳になってステロイド5段階中、既に三段階だった双子の前途にようやくコレあかんくない?後死ぬまで運十年あるのに後2段階しか残ってないってやばいよね?と気づきようやくアトピーについて勉強を始める。

県外の食事療法の病院をようやく見つけ脱ステロイドに挑み1年間のリバウンドを経て肌も回復し皆と同じ通常食に小学校上がる頃には復活をした。

が、幼少期3年間をステロイド漬けにした罪悪の念があるからか、食事コントロールに熱を挙げ天然の物!!!と自分を追い込んだ過去があるからか、とにかく「ちゃんとしなきゃ!」と徹底し子育て街道ぶった切った私とそれを真っ向から受けてくれた長男次男はあたしのあらゆる枠を受けてくれた子達だ。

そんなこんなでそんなあたしと一緒にずっと走ってきてくれている双子が一番縁が深く濃いし、そんなあたしに付き合ってくれている彼らには本当感謝してもキリがない。

そしてそういう濃い関係と比例してか一番心を焼きネガテイブ理恵を出せてくれているのが長男S。通常、長男S以外のこと、自分自身や家族全体におおいかかる事象には心配や不安等あまり感知が低い。

そういうことより、今ふってくる事象をもらって自分がどういう気持ちなるのか見たいってのがあたしの超興味心。

だけど、こと長男Sに限っては超ネガテイブ理恵が出てくる。超余裕なくなっちゃう。

本当は長男Sへのネガテイブ思考ゆるゆるさせたい。

ゆるゆるなれーー!なってええ!!と思うもならない。なれない。自分を縛るに変化する。

「これであってほしい。これであらな!これでしょ!」って超がんじがらめのあたしの思考回路が始まる。

これ、自分が辛いんだけど。なんで自分苦しめるかなああたし。

これさえ取れたら超楽なるなあ あたし。と、イメージはできつつある気がするんだけど。

だって、彼が一番最大パワーの持ち主だってあたし知ってるもの。

彼がまだ自分探しの渦中で苦しいのも知ってる。

で、なであたしはその苦しみを彼から取り上げちゃおうとしちゃうんやろ。

苦しいの知ってるからってあたしが手出したところでなんも解決ならん。

何故あたしはほっとかないんだ。

だって、手出されるのあたし嫌いじゃん。自分が欲しいときは自分がいくらからガタガタ外野に言われたたかない。てか、口出しされたらあたし超嫌なる。不要!コントロールしてくるな!ほっとけ!ってなる。

こんなにわかってるんだったら長男Sのことほっとけーーーよおおおあたし!

ああああ。もう少しな気するんだけどなあ笑 あたしの葛藤の出口。

本当鏡なんだな家族って。 今必要なものを一緒に課題克服できる相手が集まってるんだな。

家族って凄い!!!!

自分の全部を写してくる。心焼ける相手なんて人生のうち片手もいないよなきっと。

そんな相手に出会えてることに感謝だなああ本当。

って、話長くなっちゃったけど、そんな彼とあたしなもんでキャンプ前日から本当に葛藤だった。キャンプ前夜になってやっと準備を始める彼。

あたしからしたら全く理解不能。なんで前日やねん!!なんで夜やねん!!って、本当心が焼かれる。もう突っ込みどころが満載でイライラが始まる懸念となる。

本人が困るだけだから知らぬフリをしたいのが本心。

だけどなんでせんねん!ってイライラが始まったのもあたしの感情。

明日の行き方調べたのか?

持ち物大丈夫なのか?

いいたいことは沢山出てきて。けど聞いたら意味なーーーい。なんでこうも保育園児同様な見方なってるんだあたし!って自分に何度も突っ込む。

こういうの他三人には本当に無い。

例えば次男だって、三男も修学旅行いってきたけどあたしは全く聞かなかった。

だって二人共自分でやっちゃうし、もはやあたしのビジネスじゃないもの。

彼らの領域。それを彼らは知ってるしあたしも知ってる。

だから聞きもしないし、忘れたらそれはいい勉強。次回こそはちゃんと持っていくだろうw。

なのになんで長男Sにはほっとけなくなっちゃうんだーー!ああああ あたしよーー。

朝になってやっぱり、「アレが無い!コレが無い!」騒いで挙動不審がマックス挙動不審に輪をかけて三男が手伝ってる。はちゃーーー。

いかんいかん。通常営業心がけろーー!!!あたし!!!切れるなきれるな!崩れるな 惑わされるなあたし!と、自分を抑えるのに必死になってる時点で既に引っ張られてる自分。

自分の感情で怒った後っていつも超後味悪くなるから怒りたくないんだよなあ。

自分責める原因作るのいやだからなんとか引っ張られずに日常送りたいんだけどお!

と葛藤しながら電車に乗る。

下2人は母の葛藤は露知らず、ルンルンで電車。

合流場所!!完ぺき!親子沢山既にいた!今日は完ぺきじゃーーん ホッ

とりあえず、送り出しました!

今日から下2人とあたし合計3人の10日間が始まります。超貴重。

本当こんな感じなので今回のキャンプは本当いいきっかけになりました。

有難いもんだのー。

上2人がいないとちょい心細いあたしがいて。上2人がいないってことがとても新鮮です。

彼の帰りを楽しみに、10日間またどんな日々があるのか超たのしみー!!!

では、また!

FACEBOOK
ドイツ生活:長男14才の挑戦&母の葛藤
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク