自分を取戻せ【中国武当山編⑤】

wdrgnです。

現地民のおじさんについて歩いています笑。ではどんどんいきましょう。

現地民の方無言で歩いていきます。彼は一回も私を振り返ることなくずんずん暗闇に歩いていきます。この先一体どこいくだ?本当に宿があるのか?相変わらず小心者の私は健在です笑。5分は歩いた。ついに!連なった家がでてきた!もう辺りは真っ暗で全く全景が見えない。だけど何人も住人がいそうな雰囲気。村?よくわからないけどおじさんが部屋の鍵を渡してくれた!わああ~。布団がある!!最高!シャワートイレ布団を見た瞬間私は安堵感100%!よかった~ついてきて。おじさんに約束通り100元渡しサヨウナラ~。

ふ~。やっと一人落ち着いた空間。最高な一日だったな~。沢山の親切な中国人に遭遇した。バスが来なくて困っていたら心配してわざわざ無線でバスの手配をし心配だからと自分もバスに飛乗りついてきてくれた現地の方(どこまで心配させる私)北京から遊びに来ていた中国の子もずっと食べ物くれながら一緒に登頂。もうキリがない程の感謝頂っきぱなし。

翌朝6時には起きて周りを探索した。野菜が干してあった。凄い素敵だった!

野菜も沢山植えてあった 素朴だな~。凄い癒された。

それでは出発!おじさんにお礼を言ってあたしは元気に家を出た。今日一日が勝負!今日で太極拳の先生に会えなかったらもう帰るしかない。リミットは午後のバス乗る時間まで。武当山を下山したら十堰市までバスで行く。十堰空港から武当山まではあのおじさんに100元払ったがバスなら10元のはず!10分の1のはず!と、お金のことは置いておき太極拳の先生探すぞ!

午前中一杯探しに探し回った。この武当山には沢山の太極拳の修行場がある。一つ一つ探し回るのは至難の業だ。

途中子どもたちの練習風景も遭遇。凄いなあ。がんばってるなあ。だけど肝心の太極拳の先生はいない。焦りながら勘頼りのみ。どこだ~!!そろそろ諦めかけ最後の賭けで下に下りてみた。もう名前忘れたがココにいなかったらもう諦めようと出向いた矢先だった。

ハイ。いませんでした。あ~残念。ついに遭遇至らずか~。

諦めた瞬間トイレに行きたくなり足を伸ばしてもっと下のお店へトイレを借りに行った。

すると!いたーーーーーー!!!!!イタ!イタ!イタ!

太極拳の方々が練習している!やったああああ!めちゃめちゃ感動。

目標達成!!!生の太極拳!目の前でやってる!なんたる偶然。

もう偶然を引き寄せたあたし?(またあたしかい すみません!)

もう感動・ミラクル・引き寄せ なんでもいい ただただ感謝ッス!!!

見るだけじゃなく太極拳にまんまと参加してお礼を言い去りました!

その後は慌てて武当山を去りました。バスに乗るといってもバス乗場全然知らない。とにかく探そう笑。武当山を下山しバス乗場とおもしき場所に着くとまた親切な中国人現る笑。全く英語通じないけど十堰市へ行きたい!とジャスチャーで伝える。多分彼も十堰市に行く模様。ずっと私の横座ってついてきてくれた!ありがたや~。

無事お兄さんのお陰で十堰市へ到着。ココで上海行きの電車のチケット買うんだよとわざわざ案内説明してくれた。でもこれ全部お互いジェスチャーのみの以心伝心の世界だった。すげ~な通じるのか。なんとワールドワイド。

こっから壮絶な電車大陸横断24時間の旅が始まった。中国には4席のタイプの種類の席がある。①軟臥②硬臥③硬座④立席。勿論私が買ったのは③硬座。だって安かったから笑。①②は日本でいう寝台列車かな。24時間乗るしお金ある方はこれお勧め。だけど私みたいな安いの命!の人は③硬座だね。硬座は普通の電車の席。あの硬い席でずっと座ってなきゃいけないから結構腰にくる。夜になると皆うなだれてくるし。「壮絶な電車地獄」とネットではあったが確かにそうだった笑。だけどネットで出てくる映像が凄すぎてすごーーーく地獄絵をイメージしていたお陰?か実際はそんなでもなかった。幸運にも私の周りは若い男女のカップルだったからラッキーだった。ていうよりめちゃめちゃ面白い体験だった。皆バリバリ夜中なっても騒いでいて持ってきたピーナッツや種?みたいなんをガリガリ食べて下に落としていた。通貨する添乗員さんのみ怖い顔していたけど他の客たちは全く気にしていない。むしろだから何?的に騒いでいる。結構皆お祭りピーポーでこの騒ぎ方が私には安堵をもたらしてくれた。だけど④立席という席が無い人たちがかなりいた。足元で平気で寝ている人がザラにいてうけた。そのくせ大きな荷物も持ってくるもんだから本当素晴らしく込み合っていた。

試したい人は是非試して!日本には無い光景だ。面白すぎてめちゃめちゃ爆笑だった。

では、次回【武当山編⑥】

FACEBOOK
自分を取戻せ【中国武当山編⑤】
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク