ドイツ生活:引越し先での現地学校手続き

ヒーリングおかんです。

さて、今日は引越し後の中学2年双子のドイツ現地学校手続きの話をします。

(因みに三男の現地学校と四男の保育園は転校せず。また一から転校手続きなんて死ぬもん 絶対避けたかった! というか、三男は今通っている学校愛してる。めさめさ楽しいみたい。四男は普通だけど今通っている保育園最高!ベルリンの保育園事情は死んでます。妊婦さんが1年後の保育園をウエイテングで乗せる位なのでなかなかです。ま、それでも諦めず保育園探し希望する方はお手伝いしますw)

今日のこの日に至るまでにワンクッション作業が必要でした。

というのも住所が変わり管轄機関が変わったのでその教育機関探しから始まったわけです。

以前と管轄が同じ住居地域ならば以前出向いた機関へ再度申込むだけでOK!

だけど、管轄変わってる・・新たに教育機関探すしかない。面倒・・でも逆に言えば!

この前通っていた学校とは明らかにまた違う学校に通える!という利点w。

ホラ、場所が変わればまた色々違うの見れるしラッキーじゃん☆

ということで、この地域の管轄機関をネットで調べ新しい3人トリオで新たな教育委員会に先日行ってきました!

場所が当たっているのかどうか、新しい機関だと手続きどう変わるのか等、不安ながらも新たな3人トリオで展開していきます。

なんだか懐かしいな~ この流れ。

ドイツきたばかりの最初の頃みたい。もう懐かしいのかあ 成長したもんだあたし

が、教育機関に到着したら、拍子抜け

ウエルカムクラステストをするもんだと思っていたら予約票を1枚くれて終わり。

所変われば全て変わるもんだね~。

管轄が違うだけで手続き自体が全く違う。すんげええドイツ!

ようやく今日がその予約の日でドキドキしながら現地学校に行って参りました!

すんごーーーく大きな校舎で今までと雰囲気が全く違います。

本当、学校の雰囲気も生徒の雰囲気も全然違いすぎてビックリです。

とにかく約束の場所に行くといい感じの男性がこっちにカモーンと呼んでいます。

恐る恐る部屋に入り、3人ちょこんと椅子に座るw。

しょっぱなからウエルカムテストを行う!と宣言され双子は面食らっていましたが、とにかくまたテストを受け、その横で色々とその男性とお話しました。

去年ドイツに到着したこと、現地学校キムナジウムのウエルカムに通っていたこと、今改めて通いたいこと等等。

この地域はどうやらウエルカムクラスを持った学校が沢山有り、双子のドイツ語レベルにより学校選定に1週間程時間が欲しく、来週月曜日から授業を受けることになるか、2月以降の休み明けから授業開始になるかもね、ということでした。

ガコーン

この展開、またか。きたか。

去年の夏着いた頃は2ヶ月待ちだった。

が!さすがに今は冬。1週間待ち、と。

なかなか悪くない。

だけど!ココから久々私の粘りトーク開始。

どうか明日から学校通わせて!と懇願する母。

1週間家にゴロゴロいるより断然現地学校1日でも早く通って現地に慣れてもらいたいもーん。

そしたらその男性。

「君たち家族の熱意は分かった。じゃあ、時間をくれ。上司とかけあってくるから。ただドイツは書類作業等時間がかかるからもしダメだったら忍耐強く待っててほしい。」

ぬわーーんて最高な男性だろう。最高な返事だわ。喜んで待つ待つ待つ!

ドキドキして待つこと10分。

男性登場「君たちはラッキーだよ!グッドニュース。明日からおいで♪」

きゃああああああああ 皆で いえーーーい♪笑顔にっこり

うふふ。

ということで、明日より授業が始まりますw

よかった☆

全てはうまく回っている。

よっし!ドイツ語学習がんばろうw 息子たち

ママはこれでようやく仕事に専念できる!!!!

ということで、今日も楽しい一日を☆

FACEBOOK
ドイツ生活:引越し先での現地学校手続き
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク