ドイツ生活:引越し&ココさん

ヒーリングおかんです。

ついに引越し完了です!

アパートは今月末までですが、昨日引越しだけ済ませました!

もう家族みんなでゴロゴロとスーツケース&リュック何個運んだだろう。

我が家の家族は現在6名です。

子ども4人と同居中のココさんと私の6名でホテルみたいな新居先へ1日往復3回繰り返しました!!!

と言っても私がゴロゴロスーツケース運んだのは最初の1回のみ。

後の2往復はココさんが子どもたちとゴロゴロ運んでくれました!

ココさんがいなかったらこの引越しは無かったです。

うちはミニマム派だ!と自信のあった私は昨日一日でもろくも崩壊w。

荷物三昧。。。荷物なんて必要最小しか持ってないわ!

お高くとまっていた私は木っ端微塵でした。。

渡独時、スーツケース結局7個?9個?で来たハズが1往復目だけで14個ありました。

まず、アパートからエレベータで玄関下へおろします。

アパートのエレベータは小さいのでコレを3回繰り返す

いよいよ新居に向け出陣。

ココさんは一人で4個持ち、上の3人のお兄ちゃんたちも一人2個持ち。

5歳時、前と後ろと横、見えにくいけどリュック3個かづいてます。全部おもちゃ・・

SバーンとUバーンの電車を乗り継ぐこと30分。

乗り換え中パシャリ まだ1往復目なので余裕ですw

新居には現在の住居者が1月1日まで住んでいるのでお隣の家主宅にて一時荷物を預かってもらいます。

1往復荷物を運びいれた所で家主さんよりお茶を頂きました。

砂漠状態だった皆、このお茶で元気回復です。

一旦家に戻り、お昼ご飯を取り再度全員で2往復目と思いきや、神のお言葉。

「おかんは家にいてください。僕らいってくるんで」

なぬ!マジか!

もう、ココさん、神すぎる!!!

ということで、有難く一番下の4男と私は家でお掃除待機組みとなりましたw。

ここからココさんチームと私チームが分かれて作業することになります。

2往復の荷物運びが終わったのは暗闇となった夕方でした。

本当は引越しといえば引越し会社に頼むとか、車だけ借りて自分が運転するかとか色々考えましたが、結局電車使いの一日スーツケースゴロゴロコースになりましたw。

運転怖いし。。引越し会社もドイツ語面倒だし、、という所で自分たちで乗り切りました。

ココさんがいてくれたから出来た作戦です。

ココさん、ありがとう☆

最後は新居入居日までお世話になるこの友達の家でおつかれさん会をしました。

いえーいと盛り上がって皆でご飯を食べました。

ココさんは夏からずっとシェアしている好青年です。

1月1日に日本へ本帰国され、今度はオーストラリアへワーキング行きます。

もう本当タフでかっちょいくって、子どもたちもうずっと離れません。

一番下の4男は特にずっと一緒です。

家にいるときはココさんの部屋に行き朝まで一緒に寝てます。

2人でずっとしゃべってますw。

ココさんはいつも助けてくれます。

さりげない優しさを持つ方です。

本当優しい。

退去問題の時、動揺している私に一番にさりげなく声かけてくれたのがココさんでした。

「俺、子どもの声うるさいって思ったことないっスよ」

この言葉でどれだけ救われたか分かりません。

めさめさかっこよくて、動揺する私のつっかえを抜いてくれました。

私が困っている時はいつもさりげなく心のとっかえ取ってくれます。

負担無く、さりげなく、本当マシュマロみたい。心の広さがただただある。

一緒に滞在できるのも後数日。子ども達ずっと寂しがってひっつきまくりです。

空港見送りいきたいなあ。けど、全員間違いなく号泣だなあw。

ということで、引越しココさん、子ども達、ありがとう☆ 無事終了です!

家住まわしてくれてる友達、ありがとう☆ お世話なります!

では、我が家も貴方も素敵な空つかみますよに☆

FACEBOOK
ドイツ生活:引越し&ココさん
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク