ドイツ生活:寺子屋の家でやりたいこと

来月以降家がなく家探しに翻弄中のヒーリングおかんです。

今月末でアパート退去は決定し、引越し予定先もダメになった今、

私が天、宇宙、神様にお願いしたのは

「寺子屋が出来る家がほしい」です。

私は今こそ自分を信じる絶好の機会を頂いたみたい。

丁度いいので何故寺子屋にこだわるのか自分の寺子屋で何がしたいのか具体的にもっとイメージして突き進もうと思います。

そもそも、寺子屋は今年3月末に公務員を辞める前後に入ったイメージです。

詳細はこちらをどうぞ

そのイメージに繋がる出来事は実は私の人生の全てから頂いた集大成です。

私を育ててくれたおばあちゃんとは血の繋がりはありません。

全く無いのに、私に無償の愛で育ててくれました。

厳しくしつけ、人間の規律、貫く大事さを教えてくれました。

どんな悲惨な状況でも、一人のご縁で、一人の出会いで人生が大きく変わります。

一見、自分を打ち消すマイナス要因が乗っかっても、

生まれた時から自分が選べない環境で育っても、

自分をきちんとみてくれる、自分を向き合う人がいてくれれば、自分で立つ勇気が自然と沸いて来ます。

この勇気って実は皆もってます。持っていない人なんて実はいない。

だけど、忘れちゃってるんです。

あまりにも酷い環境で。

あまりにも酷い我慢で。

あまりにも酷い責任で。

押しつぶされて自分を見失ってる状態。

こういう環境下で長くいると、人間自然と自分を信じれない状態になります。

信じたいのに信じれない状態。

凄く苦しい状態に自分で追い詰めてまう。

そして、尚更、被害妄想、怒り、憎しみ、憎悪、悲しみ、喪失、とにかくマイナスの感情のループへ突入になる。

環境は選べない時もあるし、

逃げれない時もあるし、

人生何でもいきなりそういう状況ってなっちゃうときはなっちゃうから。

しゃあないんす。でた、しゃあない論

だけどね、

しゃあないんだけど、状況は変えれる方法はあるんだ。

  • 強制終了のリセットボタン自分に押して休ませる
  • 心身状態病んで自分の意思関係なくリセットボタン押される
  • 逃げる
  • ロングバケーションとっちゃう

ま、何がいいたいかというと、自分をフリーにしちゃう!!!

そういうことが出来る場が寺子屋なんです。

かつ!

あたしは無償の愛を注ぎたいの。

無償の愛を注げる人と一緒にいると、

あれ、気持ちいいな。

あれ、いいの?

あれ、自分が悪いんじゃなかったんだ?

あれ、立とうかな自分。

あれ、立ちたいな自分。

っていう風にだんだん自分で立つ準備をし始めるんです。

だって、誰だって本当は立てるから。

自分の手で、自分の足で本来は立てるんだもの。

ただ、自分を信じきれない状況で自分を忘れているだけにすぎない。

なので、私は寺子屋で無償の愛を注げる場がほしい。

私は、おかげさまで無償の愛で注いでくれる人たちとの出会いで数珠の繋がりにより今日まで生かされています。

だから、私は恩返しがしたい。

いっぱい愛情もらって生きてこれたから。

衣食住が必要な人に、必要な時に、必要な物を提供できる人になりたい。

勿論それは我が家の4人の子どもたちを含めた我が家5名と一緒の共同生活の始まりです。

合宿です。

合宿って素敵です。

人生は合宿生活と私は勝手に思っています。

血が繋がっていようがいまいがとにかく人と人との交わり。

家族がどんどん増えていくの!凄い楽しそう☆

大きな家族を作っていく工程、宇宙まるごと家族みたいなw

学びあいながら、楽しみながら喜怒哀楽共感出来るって凄い嬉しい。

人間であることの醍醐味だと思っています。

自由って凄い私の好きな言葉。

自らを由(ヨシ)って思えるって凄くないですか?

私は完全人生前半自分を否定して生きてきた人間なので、後半は完全自分を由シとして生きていきたいんです。

その姿を子どもに見せていきたいし、伝えていきたい。

と、こんな感じで私のワクワクがそこにあるんです。

ワクワクがあるところに私は焦点をあてたい。

だから、今日もまた家探しは続きます!!

※アパート1部屋でも何でも今は子どもと家族5名とりあえず青空を避けれたら最高です☆

そして、5部屋ある門構えの家だったらもっと最高です。おーい なんて凄い注文w

プレンツラだったらもっともっと最高です。止まらない欲求 どこまでーーーー

引き続き皆様情報提供よろしくお願い致します。

では、貴方も我が家も素敵な空つかみますように☆

FACEBOOK
ドイツ生活:寺子屋の家でやりたいこと
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク