ドイツ家探し長期契約必勝法大公開!(WBS)

ヒーリングおかん、理恵です。

今回はついに家の探し方について公開していきたいと思います。

渡独1年かかりやっと家長期契約に漕ぎ付けたのでその必勝法を公開していきます。

いやはや、家探しといえば本当ネットでちょいと検索すれば大変大変大変て文字がザラに出てくる。で、実際の私の感想も同感ざす。ベルリン子連れ移住鬼のワースト3本立てに入るわ。

鬼ワースト3本立ては下記の通り。

  1. ビザゲット
  2. 家探し
  3. 保育園探し

この三つ本当相当な覚悟が必要でした。脅すようだがそうか~位で読み飛ばしてねw。その人にとって何が大変なるかなんてその人人違うから。たまたま私には上記三つが必要必然だったってだけね。

海外移住も、フリーランスも、子連れ移住も、何だって自分の意思に基づいて行動しようって決めた時その人に必要な物がちゃんと目の前に現れるから一つ一つこなしていけばいいだけだから。

では、本題に入ろうっと。

基本、家を探す時facebookのコミュニテイや各種掲示板で常に情報キャッチして最速最短で問合せしたり、不動産会社回ったり、各種移住サポート業の方に頼んだり方法は様々ある。

一人暮らしならまだシェアがベルリンは沢山あるので見つかりやすいけど子持ち、2人以上になると途端にハードルが上がる

しかも、あたしは、4苦条件有。

  • シングルマザー
  • フリーランス
  • 4人子ども有
  • 一番下がまだ保育園

とにかくこの条件はオーナが嫌う。ま、想像すればたやすいがようはちゃんとこいつ払い続けられるのか信用性がとても薄い。オーナがまずうんって言わない。勿論外国人ってのも実にネックだが。

ということで色々試しながらこれまで1年間で3回は引越しを重ねてきたが毎回短期契約でしか見つけれず今回やっと長期契約一生モンの家契約に至りました。どうやって漕ぎ付けたか。

そ、そ、それは!

WBS申請です。Wohnberechtigungsschein の省略かな。検索すると色々ネットで出てくるので詳細はここからどうぞ。大概の情報、必要書類等出てくるのでご自身で応募できる方はどうぞ。出来ない方はお問合せからどうぞ。サポート承ります。

あたし的に言うとWBSとは日本でいう公団かな。

これに応募したからって100%当たるとは限りません。昔なら応募して3ヶ月位で結果通知が来ていたのが今は半年以上結果来るのにかかってくる位です。現地ドイツ人が応募しても外れる位です。ドイツ人の友達からもどうせ当たらないよ~って言われていた級だす。

が、あたしは負けたくなかった!

何にかって、ちょっとでも可能性あるなら全部挑戦したかったのあたし。

出来るか出来ないかなんて自分がしなきゃわかんないじゃん。他の人には無理な物でも自分が扉開いたら来る物が来るかもしんないじゃん。

だから自分の可能性を自分でトライもしないで終らすなんてそんな勿体無いこと自分を裏切りたくなかったというか。

って、また脱線した。話を戻そう。

とにかく去年の5月にドイツ入りしビザ取得後すぐ7月には応募した。(外国人が応募する場合最低1年以上の滞在許可がある人のみ応募できる。)

が、待てどくらせど結果がこない。。。

で、やっと今年の2月に当選通知が来ました!!!!その間にも年末退去勧告が来たり次引越しした先も3ヶ月短期更新物件だったりもうハラハラしどうしの中のご褒美だたの!

もう嬉しくて嬉しく!当たるかどうかもわからないこの申請にやっと半年以上経て当選結果がきたんだもの!!!

が、そっからが長かった。とてーーも長かった。

当選通知が来たらもうアパートが決まったもんだと勝手に思い込んでいたが違うかった。

その当選通知はあくまでカラーチケットってなだけでした。ま、このカラーチケットがあるか無いかで大きく違うわけでそれをゲットしたからこそ次に進めるんだから感謝しかないが。

このカラーチケットを持って事務所通いを始めるわけであります。各地区にWBSの事務所があってそのチケットを持って物件を紹介してもらうために通うのです。

が!!紹介してもらったところでそこで決まる訳がない。

ここからがまた正念場。争奪戦が始まるのだ。何度通過しただろうこのくだり。

この争奪戦はWBSというカラーチケットを手に入れなくとも通常の家探しで見るあの一件に100人が並ぶあの悲惨なカオスとなんら変わらない。

が!だ。違うのは、あたしは何故か当たる気になっている、ということ。

それだけ。w

えええええ!だって、当たるでしょう!だって、あたしはカラーチケットを手にした人間よ!っていう自信w。よくわからない自信があったのだ。なんでだろう。

だってこのチケットをもらえない人だっているわけよ。あたしは可能性を頂いたってことよ。なんであたし自身がそこから曲がれる?いやいやいや!あたしは次に進みたい!もうそれだけだった。

が、そんな不明な自信や勢いやパワーだけでは即全然契約には至らなかったが。

その2月にカラーチケットを頂いてからこのアパートオーナに出会え長期契約に至ったのが6月だからこの間4ヶ月間自分との戦いがまた始まったのである。

実際、どんな有様だったかというと。下記の通り

  • 約束日に住人がいない・・ せっかくWBS事務所から物件アポを取り付けその時間にアパートに行っても住人がおらず家の中を見ることが出来ないのだ。何時間待っても住人がいない・・・。何度すっぽかされたかわかりません。何でこういう事が起こるのかと調べた結果分かったのはそこに住んでる住人が出て行きたくないからっぽいということでした。

そもそも各地区のWBS事務所の立ち位置ですが、アパートの次のテナント(居住人)を欲しいオーナと、物件がほしい人の間を仲介するのが事務所の役目です。なのでオーナから依頼をもらって事務所はWBSカラーチケットを持ってる人に物件を紹介し見学アポを作り促します。

が、実際住んでいる物件の居住人の退去理由が実はすごーーーーく左右されるんです。

退去本人が自ら退去希望で出て行くんだったら問題は起きませんが、中には本人は出て行く気サラサラないけど何らかの理由でオーナが現居住者に出て行ってもらいたい事情等あった場合。オーナは出て行ってもらいたいのでWBS事務所に次の人探しを依頼しWBS事務所はWBSチケットを持った人に予約を作り見学を促しちゃいます。が、現居住者は退去なんか希望していないのでオーナにこの日時にいとけよ、見学者が現れたらちゃんと家開放して見学させろよという指示をばっくれるというループになるわけです。

で、あたしは3回も同じ物件を見に行き三回共現居住者がいないという目にあいましたw。毎回子ども連れて見に行っていたのでそりゃあもう悲惨でした。帰ろうよう~っていう子どもともしかしたら居住者が現れるかもしれないから待ちたいあたしと。

  • WBS事務所からの紹介状物件は私だけにくれるものじゃない・・WBS事務所からこの日時にこの物件をみにいってね、と紹介状をもらって現地に行くわけだが行った先には私以外の候補者もぞロリいたという。そう、数人に同じ物件を渡すのでした・・・

はい、モロ争奪合戦です。見学を無事済ませたとしてその後直接オーナに連絡を入れます。見学済んだので契約しよう!とこちらの意思を示すのです。

が!です。仮に別候補者より先に見学を済ませオーナと直接交渉に入ったとしてもこの4ヶ月間私はずと後から来た別候補者に負けていました。見学を同時に紹介された同時の候補者がいようとあたしが先に直接交渉に入ろうととにかく私はオーナにふられ続けた4ヶ月でした。

だって、オーナに決定権があるんだもの。だーれーにしよーーかなーーというオーナの目にかなう人のみが合格なんざんす。結局、シングルマザ、4人子持ち、フリーランス、一番下が保育園児という4悪条件はWBSだろうが何だろうが変わりないという。

ですが、表題に書いた通り今日は皆様に必勝法を伝授しようとして書いております。では、申し上げます。家探し必勝法!

  • あきらめない
  • 時が来るのを待つ
  • 自分が家をゲットしたイメージを毎日する

以上です。

はははははは。

笑った?怒った?

そう。これは実は家探しのだけのことじゃない。全体にいえること。

全ては自分の心を裏切らない行動を取り続けるてだけです。

そう。全ては自分なんす。自分の世界において、自分様が一番絶対だからこそ自分の本丸を途中で根をあげず真摯に追い求め続けるってだけ。

そしたら、必要な物は来るから。

あたしには4ヶ月が必要な期間だったってことなだけでした。

本当この4ヶ月はきつかった。何度もぶっちされる度泣いて帰りやした。

家着いた途端大泣きして子どもびっくりさせたりw。過去ログどうぞ

次家見つからなかったら帰国やーーんて腹くくったり。

苦しみは楽しみにもなるんやなって本当子どもと結束固まった時間になりやした。だって初めてだったかも。自分がおお泣きする姿なんて。いつも離婚にしろ、なんにしろ子どもには吐いてこなかったから自分の想い。でもこの4ヶ月通してあたしは自分が辛かったこと、子どもに吐けたんだ。やっとチームになった気がした。

とにかく、この家探しを通じてただただ母は自分を諦めないっていう姿勢見せれた気してる。

ま、とにかく結果オーライってやつですw。

ということで皆様じゃんじゃかやっちゃってくらはい。家探しも、自分探しも、全部今貴方が抱えている悩みも苦悩も葛藤もこの世に肉体がある今のうちってことね!

では、燦々ごきげんよう。

FACEBOOK
ドイツ家探し長期契約必勝法大公開!(WBS)
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク