無敵の境地とはなんぞや?

マリオwdrgnです。

無敵って凄くないですか。敵無しですよ笑。マリオでいうキラキラモード。今更気づいてしまった。無敵って強いですね。

私ずっと安心安定が欲しくて戦ってきてました。自分と戦い、他人と戦い。だからいつもアウェー感しかなかったのかも。自分のスタンスが既に戦闘スイッチって嫌な奴だ・・。

今正に辞職するにあたりこんなに自分を信じて動けてる自分を感じ「やべっあたしって凄くね」と我に返ったのです笑。

あんなに枠決めないと動けなかったのに。

枠決めることこそ最優先項目だったのに。

今や家も、地域も、子どもたちの学校さえみつけてないのに「どうにかなんべ〜」と思える精神力コレこそ正に私がほしかったもの!福利厚生福利厚生って亡者のように取り憑かれていたあの時代から今やビザさえ取れるかわからない地に飛び出せるまでになったんやもん!この不明などこから来るこの自信‼️すげなあ。

とただただ自画自賛ですみません。今日はこの無敵の境地とはの話をしようと思います。

戦わないでいると

敵がいなくなり、「無敵」になる

自分と戦わない。

他人と戦わない。

必然的に敵無し状態

コレ、間違っていないですよね。だって、正に敵いないんだも~ん!!!

ずっと他職員が怖かった原因が分かりました。他人と比べていた自分がいたからなんです。

他人は頭の回転が良い→自分は頭の回転するわけがない!

他人はデキル→自分は出来る人間だったら苦労せんし!

他人は理解力ある→自分に理解力あったら悩まないし!

と常に他人と比較し自分を責めてました。人と比べ勝手に落ちている自分からのスタート。そして勝手に暗闇に猛進ひたすら人が怖くなる負の連鎖。

本能寺は自分だった!灯台元は私だった!現場は自分の中で起きていた!という発見です。

敵は自分という大発見自分が自分を攻撃し自分を追い詰める構図。

なんと哀れな。味方になってあげましょう自分位。というより自分こそ。

治外法権はやめちゃお~逆恩返し

子育てをする上で「褒めて育てなさい」と色んな所で聞きませんか?頭では理解可能。

親、子ども、部下や友人、同僚、誰にだって人には怒りたくない。疲れるだけ。頭では分かっていてもなかなか怒ることが止められない。。

コレ違法です笑。人様は他惑星と考えると良いのか?だって国が違うとなれば諦めつく。

自分と違う文化を持っているんだもん。しゃあない。だけどそれが本当の解決か?

実は怒らせる人イライラさせる惑星人がいるというより自分が勝手に怒っているのです。

勝手にイライラしている状態を作っているのは自分

怒るポイントを決めていてその怒るポイントを持っているのは自分

コレ正にそうなると自分の機嫌次第な話なわけですね。

もし、自分が怒るポイント決めてなければ、

もし、自分の容量箱を大きくできるんだったら、怒らなくてすむ。

他人が惑星人なのかどうかより自分に焦点を当てた方が気楽です。

他人を簡単にずかずか自分に入れていると疲れ半端ないっす!

自分のテリトリーは自分で死守必須す!

そして勿論自分も他人にずかずかと入らない違法です。

心の番人怒りますよ人を刺すと自分に必ずその刺したモノが返ってきます

正に逆恩返しを受けます。そんな構図イヤでしょ?私いやです!

時は来る。

自分が上がる時は絶対来る。諦めなければ。

自分が波乗りできるまで気長に待つ。これっしょ!焦らなくてよし。

他人を攻撃しなくてよし。自分を攻撃しなくて最大によしです。

今を生きる

これに尽きるじゃないですか!

今を生きようと思うと無敵スイッチ入ります。キラキラモード突入ですよ!

だって次の瞬間には死んじゃってるかもしれないんですよ!

と思うと今他人を怖がることも他人を叱ることも、そして何より、明日しよう、○十年後コレをしよう、じゃなく、今してまお!と、思えてきません?

誰が寿命後うん十年あるという保証をくれてる?誰もくれてません。そこ皆に等しく正に平等。誰もしらない自分の寿命。だったら今やらきゃいつやるの!です。

次の人生も今回と同じ人生歩きたいって思える生き方がしたくないですか?

私はしたいです笑。自分の死ぬイメージありますか?私あります笑。

「あ~人生楽しかった ありがとう わしゃ逝くわ」 と言って逝きます笑。

70歳の私笑  素敵すぎる~!!!!!

だから、私はそのイメージに向かって一歩を踏み出しました。

正に、無敵キラキラ突入です!☆

では、私も皆様も自分の空つかめますように☆

FACEBOOK
無敵の境地とはなんぞや?
この記事をお届けした
公務員からフリーランス海外移住を目指すブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
高額
スポンサーリンク